STAFF INTERVIEWS社員インタビュー

Staff Interview
藤坂 翔太

専門学校教員から
現場のプロフェッショナルへ

システム部

藤坂 翔太

2018年入社

現場を知らない状態で教える違和感

現場を知らない状態で教える違和感

元々、大学を卒業後、情報系の専門学校で教員をしていました。ただそんな中で「現場を経験していない人間が教えている」という状態に違和感を感じていました。実際の現場で経験を積みたいと考え、転職を希望。転職エージェントの方に当社を紹介していただいたことがきっかけで就職しました。当社には、多様な分野のプロフェッショナルが在籍し、ワンストップでITの課題解決ができる環境があります。それは、お客様にとってはもちろんのこと、社員にとっても互いに刺激し会える恵まれた状態だと思いますね。

OJT・学習プログラム・オンラインセミナー を活用して

OJT・学習プログラム・オンラインセミナー を活用して

入社後、最初はOJT(On the Job Training)として、実際にお客様の開発環境のご要望に応じたカスタマイズを実装していくというスタイルで、実践的に学んでいきました。当社が取り扱うSalesforceには専用の学習プログラムがあるのですが、それを活用したり、オンラインセミナーを通して自主学習も積極的に行っていきました。コミュニティサイトや勉強会にも参加し、実際のユーザーの皆様から情報を得たりもしましたね。日々機能がアップデートされているので、日々学習といった状態です。また、当社は多様な業界のお客様を相手にシステムの提案をしていきますので、お客様の業務や市場について深く理解することも重要です。信頼していただけるように、常に学び続けています。これらの学びが、結果的に自分自身の仕事の幅の広がりにも繋がっていますよ。

より高みを目指して

より高みを目指して

今、Salesforceに関する資格取得を目指しています。将来的には、開発者として一人前になり、トータルでお客様の業務改善をコンサルティングできる存在になりたいと考えています。
ITに向いているか否かは、何事に関しても興味関心を持てるかどうかで変わってくるのではないでしょうか。自ら率先して興味をもって動く姿勢が仕事にも直結してきます。自分が携わることに関して積極的に勉強することで、必然的にスキルに繋がっていきます。学びが終わらないことと同じように、スキルに満点はなく、やればやるほど上がっていける。ひたすら継続できる人は強いです。もしイラストがしたいと考えて入社し、やっぱりコードを書いてみたいとなったら部署異動をすることもできる。ITの総合サポートができる体制がある当社だからこそ、多くのチャレンジができます。ぜひ失敗や気付きを、力に変えることが出来る人に来て欲しいですね。