STAFF INTERVIEWS社員インタビュー

Staff Interview
黒田 喜一

学生起業から独学でスキルアップ
二拠点生活を楽しむ日々

情報技術部

黒田 喜一

2001年入社

学生時代、社長の誘いで共に起業

学生時代、社長の誘いで共に起業

まだGoogleもなく、Yahoo!の検索エンジンが出始めた頃でした。世の中でインターネットというものがまだあまり認知されていない中で、高校時代の同級生だった代表の岡田と共に4名で当社を立ち上げたんです。社員全員が若く、まるでサークルのような感覚でしたね。単に「インターネットは面白そうだ」という好奇心から、独学で技術を磨いていきました。その頃はまだ経験値も低かったので、苦労も多かったです。2〜3日家に帰れなかったこともありました。自社サービスを創ったりもしたんですが、なかなか簡単にはいかず、しんどい時期もあったんですよ。

大企業でも通用するスキルを身に着けて

大企業でも通用するスキルを身に着けて

19年の中で、段々と社員も増え、体制も構造化していきました。社内役割も明確化し、各分野の技術や知識が蓄積され、得意分野のナレッジシェアもできるようになってきていますよ。ある時、都内の大手総合ITベンダーの協力会社へ出向したことがありました。これまでのスキルが活かせるのか非常に不安だったんですが、しっかりと業務をこなせ、評価していただくことができました。宮崎で築いてきたスキルが大手企業でも通用するんだ、と強い自信になりましたね。当社で働くことによって、どこでも通用できるスキルを身につけることができるのは、とても大きな財産になるのではないでしょうか。

百姓や狩猟を楽しむ、二拠点生活

百姓や狩猟を楽しむ、二拠点生活

今私は、赤江と高岡に家を構えて、2拠点生活を送っています。高岡では、春から秋にかけて百姓として、冬には狩猟を中心にして生活を楽しんでいますよ。無農薬無肥料の自然農法にもチャレンジしています。朝から草刈りをして、当社に出勤するなんてこともあるんです。直接的に業務に関係するものではないんですが、社員のみんなにも楽しんでもらえる場所にできるといいな、と思っています。田植えの時期にはアナウンスして、希望者には参加してもらっているんです。
エンジニアという職は、正直容易ではありません。日々学び、スキルアップしていく。プロフェッショナルになるんだという強い意志のある方には合っていると思います。明るくノリの良い職場環境ですので、その点は楽しんでいただけるのではないでしょうか。チャレンジをお待ちしています!